むちうちなら矢部北口接骨院

矢部北口接骨院

腰痛関連Q&A

  1. 腰痛関連でよくある質問と回答①

    明るい挨拶

    ぎっくり腰ってなんでなるの?

    ぎっくり腰または急性腰痛は様々な理由が挙げられます。
    重い荷物を急に持ち上げたり運動する中で無理な体制のまま走りだしたりなど挙げられます。
    この場合ではたしかに骨盤のゆがみや筋力低下や単に無理な姿勢から腰にストレスをかけるような事を行うとぎっくり腰になりやすいです。
    しかし特殊な形のぎっくり腰もあることはご存じでしょうか?
    例えば皆様の中にくしゃみをした時、靴ひもを結ぼうとしたとき、気が付いたら腰が激痛になっていたなど明らかにケガをしそうにない衝撃でぎっくり腰になってしまう方はいらっしゃいませんか?
    上記のようなぎっくり腰は特殊なぎっくり腰でもありますが意外にも当院に通ってらっしゃる患者様に最も多いお怪我の一つでもあります。
    後者のぎっくり腰は骨盤がゆがんでいるだけでは起きることはありません。
    骨盤がゆがんでいるのもたしかにないとは言い切れないですが
    もっと大きな理由があります。
    それは毒素といわれるものが腰の筋肉に溜まってしまい些細な衝撃で炎症反応が起きてしまう事が原因ではないかと言われています。

  2. 腰痛関連でよくある質問と回答②

    明るい挨拶

    足の痺れも腰と関係するんですか?

    関係するのは腰だけではないですがもちろん腰とも関係性はかなり深いです。
    足に痺れを出す代表的なものとしては、
    腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛などが挙げられます。
    上記の疾患に関しては完全に治すことが困難でありますが上記の疾患に付随して現れる足の痺れ痛みに関しては施術を行うことで出ずらくなるもしくは気にならないレベルまでは対応可能となります。
    またなぜ腰と足の痺れが関係するかというと腰や臀部周りから出ている神経は太ももやふくらはぎ、スネを通り足の指先にくっつくからです。
    しびれてしまう原因は単に神経がどこかで圧迫を受けるだけでなく血管も一緒に圧迫してしまい血流が悪くなり痺れてしまいます。
    皆様も経験はあると思いますが正座しているときに似たような経験があると思います。
    正座でも血管だけでなく神経も一時的に圧迫してしまうため起きてしまいます。

  3. 腰痛関連でよくある質問と回答③

    明るい挨拶

    腰が痛くならないようにするにはどうすればいいですか?

    まずは筋トレやインナーマッスルと言われる体幹の筋肉を鍛えてあげる必要があります。
    体幹や腰回り、足回りの筋トレを行うことで自分自身の筋肉でコルセットの役割をすることが可能になります。
    また食生活の改善や暴飲暴食、禁煙などが挙げられます。
    筋トレに関しては皆様よく聞くと思いますが、食生活、暴飲暴食、禁煙と腰の痛みの因果関係は他の質問でもお答えしましたが毒素に関係してきます。
    口から取り込まれる過剰な栄養素や飲酒喫煙は体内でいわゆる毒素に代わり腰の筋肉に溜め込まれてしまいます。
    その影響で脳の働きで発痛物質が製造されてしまい腰で痛みを引き起こしてしまいます。
    このことから食生活や飲酒喫煙などを行わない方が腰の具合がいいのです。
    または腸内環境も腰痛に関係してくるので納豆、キムチ、豆腐などの発酵食品も食事の中に入っていると予防にも繋がります。

  4. 腰痛関連でよくある質問と回答④

    姿勢矯正

    腰痛や骨盤の動きに関係する筋肉を伸ばしたいのですがどのように行えばよいでしょうか?

    個人で行うストレッチに関しては出来るところを全身的に行った方がいいのですが時間がかかりすぎてしまったりやり方を覚えたりすることが難しいなどの理由がある為太ももの裏やふくらはぎ、太ももの前、内側を重点的に伸ばして頂けると比較的に簡単に症状が改善するかもしれません。
    また当院では治療後にストレッチのやり方の指導や伸ばすポイントを教えているのでご来院して頂ければしっかり教えることも可能です。
    当院にご来院されてる患者様の中には時間がなくて中々自分でストレッチが出来ない,
    そもそもめんどくさくてやれないと仰っている方も多く通院されています。
    そのような方にスタッフ一人がつき二人一組でストレッチを行うような施術も行っています。
    当院独自のストレッチは骨盤調整にも匹敵する効果もあるので是非受けて頂きたい施術の一つにもなります。

  5. 腰痛関連でよくある質問と回答⑤

    明るい挨拶

    猫背と腰痛ってなんで関わりがあるんですか?

    猫背と腰痛の関係はそれこそ山のように存在します。
    その中の一部を回答していきたいと思います。
    まず猫背というのは簡単に言うと背中が丸くなります。その後後ろに丸くなった背骨のバランスを保とうと体はする為腰が反ってきたりします。
    腰が反ってしまうと常に腰から出ている神経や腰についている筋肉に絶えず刺激を受けてしまうためやがてその刺激が痛みへと変わっていきます。
    これだけでもかかわりがあると言えます。
    腰の神経が絶えず刺激されてしまうということは足にも症状を出してしまう事が多いです。なので猫背になってしまう事は全身に症状を出してしまう恐れがある為早期の改善をされた方がいいと思います!

▲ページの先頭へ戻る

矢部北口接骨院のご案内

【住所】〒252-0206 神奈川県相模原市中央区淵野辺1丁目1−7 【電話】 TEL:042-751-2040

矢部北口接骨院景観
受付時間 土・日・祝
9:00~12:15 9:00~12:00
15:00~20:30 14:00~17:30

年中無休で営業 ※年末年始を除きます

当院までの地図

JR横浜線「矢部駅」から徒歩2分!

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

当院へお車でお越しの方、提携コインパーキングがご利用いただけます。
※詳しくは直接院へご連絡ください。

矢部、相模原、淵野辺、古淵、冨士見など広く地域の方にお越しいただいております。


お気軽にお問い合わせください
  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る

該当する方をタップして下さい

初診 or 再診を選択して電話をおかけ下さい。

初診の方

再診の方