むちうちなら矢部北口接骨院

矢部北口接骨院

胸郭出口症候群

当院の矯正治療は医師監修の施術なので安心・安全・効果的!
悩みタイトル

  1. 明るい挨拶

    腕や指がしびれる
    胸郭出口症候群は首から出てくる神経が胸や肩回りを通ってくるために、通り道の筋肉や骨の位置によって神経や血管が圧迫され、しびれの症状が出てきます。
    握力が弱くなってきた
    指を握る力は首から出てくる神経が、胸や肩を通ってくる神経が指の筋肉を動かす指令を出しているため、圧迫されると神経の流れが悪くなり、握力が低下します。
    手が冷える
    こちらも腕や指まで通っている血管の圧迫により、手が冷える症状が出てきます。
    胸が痛む
    胸の痛みも首から出ている神経の症状が関係している可能性があります。
    腕が上げられない
    肩を上げる力も神経が関与しているため、圧迫により肩が上げにくくなります。

  2. 胸郭出口症候群に対する当院の考え

    明るい挨拶

    胸郭出口症候群は姿勢の悪さが特に関係しています。
    姿勢が悪く猫背姿勢になっていると、普段の生活で肩などを上にあげた時に、思ったより上げにくく、姿勢を正すと上げやすくなります。
    姿勢を正すことで、手のしびれや腕のだるさ、冷えや腕の痛みまでの改善に繋がると考えます。
    なで肩の方は鎖骨が下がりますが、鎖骨と、肋骨の間に神経が挟まると神経症状が起こります。
    姿勢を正すことと、筋力をつけることで症状の改善に繋がる可能性が高いため、当院では、胸郭出口症候群が疑われる方に対して、姿勢を正すことや筋力の大切さをお伝えしております。

  3. 胸郭出口症候群を放っておくとどうなるのか

    明るい挨拶

    胸郭出口症候群をそののままにした場合の危険は、神経、血管、筋肉の3つが関係している症状と説明させていただきましたが、放置した場合はそれぞれリスクがあります。
    まず神経に関しては、腕のしびれが強くなり、物を持つことができなくなったり、思うように手が動かなくなり、日常生活に支障をきたす可能性があります。
    血管に関しては、冷えが強くなり、神経痛も冷えにより強くなり、温めても症状が改善せず、感覚がなくなる可能性が出てきます。
    筋肉に関しては、筋力が低下していき、腕や胸、肩の筋肉が落ちていき、物を持つ力や握る力が低下していきます。

  4. 胸郭出口症候群の改善方法

    明るい挨拶

    胸郭出口症候群は、前かがみの姿勢を少しでも正すことで、リスクを減らすことが可能性です。
    胸の筋肉をストレッチすることで、その下を通る神経、血管、筋肉を伸ばすことが可能になりますので、胸を開いていくストレッチをすることが重要です。
    なで肩の方に関しては、肩の筋力アップ、デスクワークをされている方は胸の筋肉を伸ばすことで改善されることが多いです。
    冷えに対しては、肩や胸周りの血流を改善するために、温めることで、改善されてくることが多いです。
    肩などに限らず、手に対しても温めることをしていただければ、さらに症状の改善に繋がります。

  5. 胸郭出口症候群の改善に効果的な当院の施術メニューは?

    姿勢矯正

    当院の胸郭出口症候群に対する施術メニューは
    主に3つあります。
    ①矯正治療
    ②鍼治療
    ③電気治療

    ①胸郭出口症候群は筋肉の硬さなどが影響し、神経や血管に問題を起こす症状ですので、手の冷え、筋力低下、だるさなどの症状を改善するためには、まず姿勢の改善が必要です。
    姿勢を整えるためには、背骨の調節を行い、筋肉にかかる負担を軽減し、体を起こしやすくすることが大切です。
    ②鍼治療は硬くなった筋肉を一度緩め、血流改善を身体に覚えさせて、神経の流れがよい状態を創ります。その結果筋力アップや血流改善に繋がってくる治療です。
    ③電気治療は、筋肉に対して、奥の方の筋肉を電気を通して運動させてあげることで、その下を通る神経や血管の状況を改善させる効能があります。

  6. その施術を受けるとどう楽になるのか

    明るい挨拶

    矯正治療、鍼治療、電気治療を受けて頂くとその後のどうなるのかを一つずつ説明致します。
    まずは矯正治療は姿勢を正すことが楽になり、神経、筋肉の状態や血管の状態が安定し、胸郭出口症候群の症状を軽快させることができます。
    鍼治療も神経も血管の状態、筋肉の硬さも軽減され、症状を軽減することはもちろんのこと、胸郭出口症候群の際に起こるその他の体の問題にも対処することできます。
    電気治療は、筋肉の動きがスムーズになり、動かしやすくなることで、神経痛や冷えなどの症状の軽減にも対処していきます。なで肩の方にも特に有効です。

    改善するために必要な施術頻度は?

    明るい挨拶

    胸郭出口症候群の症状を改善するために必要な施術期間としては、個人差はありますが、筋肉や神経痛、血管の状態が悪い方向へ進行してしまっている場合、期間としては長い治療期間を必要とします。
    しかしながら、頻繁に治療回数を増やしていただくことで、筋肉の状態や、神経痛などの状態が早めに改善の方向に向いてくることが多いため、1週間の治療回数は2回~3回で様子見ていただく必要性があります。

▲ページの先頭へ戻る

矢部北口接骨院のご案内

【住所】〒252-0206 神奈川県相模原市中央区淵野辺1丁目1−7 【電話】 TEL:042-751-2040

矢部北口接骨院景観
受付時間 土・日・祝
9:00~12:15 9:00~12:00
15:00~20:30 14:00~17:30

年中無休で営業しております。

当院までの地図

JR横浜線「矢部駅」から徒歩2分!

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

矢部、相模原、淵野辺、古淵、冨士見など広く地域の方にお越しいただいております。


お気軽にお問い合わせください
  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る