むちうちなら矢部北口接骨院

矢部北口接骨院

足底腱膜炎

当院の矯正治療は医師監修の施術なので安心・安全・効果的!
悩みタイトル

  1. 膝が痛い

     朝ベットから起き上がる時に足の裏が痛い。
     かかとが痛い。
     偏平足でたまに土踏まずあたりが痛くなる。
     長時間歩いたり走ったりすると足の裏が痛くなる。
     運動した後にかかとあたりが痛くなる。
    等の症状はありませんか?
    上記の症状は足底腱膜炎かもしれません。
    足底腱膜炎とは踵から指の付け根あたりまでについている膜のような組織です。
    その膜のような組織が何らかの原因で炎症を起こしてしまい踵周辺や土踏まず周辺に痛みを
    出現させます。炎症が強く出てしまっている場合はお風呂に入り終わった後にも痛みが強く出てしまう場合があります。 

  2. 足底腱膜炎に対する当院の考え

    膝が痛い

    当院では足底腱膜炎の方が多く来院されていますがその方々の症状を聞くと
    大幅に私生活に支障をきたしてしまっている方が多いです。
    また近年では足底腱膜炎の方も増えている傾向にあり重症化してしまうと大変な事になってしまいます。
    しかしそんな怖い症状でも我慢してしまう方が多いのも事実です。
    私たちはそんな方々の為に日々知識を増やしており当院でもメインで治療していく症状の
    一つです。
    足の裏だけでなく足底腱膜炎は腰痛の原因の一つでもあり、
    さらに精神疾患にも関与しているともいわれます。
    当院スタッフは足底腱膜炎の症状を聞くことが多くても決して妥協せず患者様に向き合っていきます。

  3. 足底腱膜炎を放っておくとどうなるのか

    膝の痛み

    足底腱膜炎は放っておくと上記にも記載していますが大変な事になります。
    最悪な場合だと手術しても治らない場合があります。
    また足底腱膜炎は腰痛や頭痛の原因にもなったりします。
    最初は少しかかとが痛いだけだったのに、朝起き掛けに歩き始めるときだけ痛くなる症状から始まり、
    運動後に痛くなったり少しあるだけでも痛くなったりします。
    特徴的な痛みの出るポイントはかかとの付け根に近いポイントであり場合によっては腫れてきてしまったりします。
    当院に通ってきて頂いている患者様には軽度のものや、
    完治までかなりの時間を要してしまう方も中にはいらっしゃいます。

  4. 足底腱膜炎の改善方法

    膝の痛み

    足底腱膜炎の原因である足底腱膜はふくらはぎの筋肉と深くかかわっており
    ふくらはぎの筋肉のストレッチを行うと症状が改善されたりします。
    また湯船につかって痛みが出てしまうようであれば炎症が起きているサインであり
    お風呂から出た後にアイシングをすることをお勧めします。
    効果的な時間は15分ほどであり水温は3度前後が効果的です。
    具体的にはビニール袋に氷を入れ氷の量に対して3分の1ほど水を入れて頂くと大体ちょうどよくなります。
    また足の指を一本ずつ伸ばして頂いたり持ったまま円を描くように回したりするのも効果的です。

  5. 足底腱膜炎の改善に効果的な当院の施術メニューは?

    明るい挨拶

    当院では足底腱膜炎の方には症状の重さによって施術のメニューを変えております。
    また人によっては複数のメニューを行う方もいらっしゃいます。
    まずは足の極み松・竹・梅になります。
    足の極みだけでも3つの種類がありますがここでは梅についてご説明させて頂きます。
    足の極みは読んで字のごとく足の治療に特化した治療メニューになります。
    足の指~足の裏、ふくらはぎ、膝の裏までを特殊なやり方でマッサージするように治療を行います。
    また筋膜ストレッチというメニューも行います。
    筋膜ストレッチは足の裏から腰の方までの筋肉を当院独自のやり方でストレッチを行います。
    炎症が酷い時は東洋医学に基づき鍼治療も行います。

  6. その施術を受けるとどう楽になるのか

    明るい挨拶

    足の極み、筋膜ストレッチを受けた方は足の裏の痛みが弱くなることはもちろんのこと、
    足が軽くなったり歩く際の痛みなども消失もしくはかなり弱くなります。
    また足のむくみやつってしまうなどの症状にも効果的です。
    足以外の症状では併発しやすい腰痛などにも効いたりします。
    足の神経は骨盤や腰の方までつながっており足の指先やふくらはぎなどを伸ばしたり、
    特殊なマッサージなどにより神経を刺激することにより足の裏はもちろん腰や肩、首までの症状が緩和されたりします。

  7. 改善するための治療頻度はどのくらいか

    明るい挨拶

    基本的に炎症がある場合は毎日もしくは一日おきにご来院して頂いた方が治りが早く予後も良好です。
    どの疾患にしてもそうですが痛みがあるうちは出来るだけ来てください。
    痛みが引いてきたり治療の進行状況によって来院頻度は減らしていきます。
    また程度にもよりますが予防も含めた場合期間としては3~9カ月ほどかかってしまう場合もあります。
    逆にそれほどぶり返しやすく予防も時間をかけていかないと再発も考えられるのが足底腱膜炎の怖いところでもあります。
    ご近所で足の痛みなどにお困りの方がいらっしゃいましたらお気軽にご来院ください!!

▲ページの先頭へ戻る

矢部北口接骨院のご案内

【住所】〒252-0206 神奈川県相模原市中央区淵野辺1丁目1−7 【電話】 TEL:042-751-2040

矢部北口接骨院景観
受付時間 土・日・祝
9:00~12:15 9:00~12:00
15:00~20:30 14:00~17:30

年中無休で営業しております。

当院までの地図

JR横浜線「矢部駅」から徒歩2分!

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

矢部、相模原、淵野辺、古淵、冨士見など広く地域の方にお越しいただいております。


お気軽にお問い合わせください
  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る