悩みタイトル

手のひらにしびれがあってつらい
指先に痛みやしびれがある
指先を使うような細かい作業がしづらい
物を掴むときにしびれが出る
手探りがしにくくなって物を掴む、にぎる、つまむ等の動作がしにくい
手の感覚が鈍く、熱さや痛みなどの感覚が鈍くなっている
親指の肉球部分の筋肉が痩せてしまい親指と人差し指で物をつまみにくい
スマホやパソコンを長時間使っていると辛くなってくる
ボタンをかけたり財布からお金を出すなどの細かい作業がしにくい

手根管症候群に関する当院の考え

手がしびれる代表的な病気として手根管症候群があります。
手根管症候群とは、手首のところにあるトンネルの中で神経が圧迫されて、親指からくすり指のしびれや痛み、手の使いにくさが起こる病気です。

患者様の中にはしびれているけどたいして困っていないからこのままでいいという方もいらっしゃいますが、手根管症候群は神経を圧迫してしまうので、神経の圧迫を放置してしまうと神経の回復力が失われてしまいその状態に慣れてしまうとより症状を重篤化させてしまい回復が困難になってしまう場合もあるため、たいして困っていないと放置せずにできる限り早い段階での施術をすることを推奨しております。

手根管症候群はなぜ起こるのか?

手根管症候群の多くは原因不明の特発性のものが多いですが、以下のものが原因で発生することあります。
手根管には神経、血管、筋肉などが通りますが手根管症候群で一番の原因になっているのは筋肉の圧迫で筋肉に血流障害がおこり、その状態が長く続くとしびれが出現します。
・トンネル内のガングリオンや腫瘍などの要因
・リウマチなどによる腱の炎症や肥厚
・手首の骨折による後遺症(頭骨遠位端骨折など)
・手の使い過ぎによる手の中の筋肉(虫様筋など)の肥大など
・生まれつきの腱や神経の異常など
・スマホやパソコンの過度の使用によって手根管部で神経が圧迫されてしまう
などの上記理由が考えられます。

手根管症候群を放っておくとどんな症状が現れるのか

手根管症候群を放っておくと完全な回復が得られなくなる可能性があります。
筋肉は血管から酸素や栄養素をもらっているのですが、
筋肉が固くなることで血流障害が起こり、筋肉内の神経や血管を圧迫することで筋肉に酸素や栄養素が入ってこない状態が長く続くとその筋肉の細胞は壊死してしまいます。
その状態が続いてしまうと症状が重篤化していき回復が困難になってしまうことも少なくないため、我慢できるから、まだそこまで困っていないからと長期間放置せずに早期の施術を開始することで症状の重篤化を予防することができます。

手根管症候群の改善に効果的な当院の施術メニューは?

手根管症候群の改善に効果的な当院の施術メニューは鍼灸治療になります。
手根管症候群の症状を取り除くためにはまず筋肉に対しての施術を行う必要があります。手根管が狭くなる原因は手首の骨折やリウマチ、手根管内の腫瘍などの構造的異常など様々な原因がありますが、手根管症候群のしびれの原因のほとんどが筋肉由来だからです。手首の筋肉の多くは肘のあたりから始まり、手根管を通り指先の骨に付着します。
特に指先のしびれの原因は腕の筋肉にトリガーポイントといわれるシコリが原因になっていることが多いためその筋肉の施術や神経の圧迫を抑えるためにはトリガーポイントを効果的に緩めるための鍼灸治療が効果的です。

その施術を受けるとどう楽になるのか

手根管症候群に対して、鍼灸治療を行うことで症状の原因になっているトリガーポイントや筋肉を緩め、神経の興奮を抑えられることでしびれや痛みなどの症状の改善に効果的です。
また、筋肉が緩むと血流がよくなり筋肉の滑走性が上がるので、結果手根管内の筋肉の滑走がスムーズになることで症状が改善していきます。
辛い症状に悩まれている患者様は施術を続けることでしびれの軽減や痛みの軽減、指の使いやすさなどを施術を続けることで実感される方が多いので鍼灸施術がお勧めです。

改善するために必要な施術頻度は

手根管症候群を改善するために必要な施術期間は症状の進行によって様々ですが、できる限り早期に施術を開始することで必要な施術期間を短くすることが期待できるので、できる限り早期の施術の開始をお勧めしております。
理想的な施術頻度としては、症状が重たい患者様は症状をまずは早期に落ち着かせるために、理想的には毎日、または一日置きの通院がお勧めです。症状が少し落ち着いてきたら週に1回から2回の通院頻度で施術を行い症状の根っこをとるために施術することがお勧めです。