悩みタイトル

産後の骨盤のゆがみが気になる
産後に腰痛や股関節痛に悩まされている
産後に便秘や冷え性になった
産後に増えた体重がなかなか元に戻らない、痩せづらくなった
産後になぜかとても疲れやすくなった
産後に下肢のむくみが強くなりつらい
寝ているときに足がつることが増えた
産後から尿漏れがある
座ると鼻骨が当たる感じがする
上記のようなお悩みがある方は骨盤のゆがみが大きい可能性があります。

骨盤の役割とは

骨盤は【仙骨】【尾骨】【寛骨】といった骨の集合体です。座ったときは寛骨の座骨という部分で座ります。座骨が座るときに安定することで上半身を適切に支えることができて座っても体に負担がかかりにくくなります。
骨盤は上半身と下半身をつないでいる非常に重要な役割をもっており、身体全体のバランスを保つことや、【立つ】【座る】【歩く】などの日常生活動作にも大きく関係しております。骨盤がゆがんだりずれたりすると全身のバランスが崩れ、様々な部位に不調や影響を及ぼします。
また、骨盤の中には内臓や生殖器もあってこれらを支えて守っている役割もあります。

産後の骨盤はなぜ歪むのか

産後のゆがみの原因の一つに妊娠中の姿勢があります。妊娠中におなかが大きくなると重心が前にかかることが多いです。
そこで体のバランスをとるために背中をそってしまうことで【反り腰】になります。そのため骨盤を前に引っ張る筋肉の働きが強くなってしまい骨盤が本来の位置よりも前に傾いてしまいます。
また、おなかが大きくなってくると床に座るときに左右どちらかに足を投げ出す【横座り】をされる方が増えるのも要因です。また、出産時に女性は赤ちゃんを産むために【リラキシン】というホルモンが分泌されて、靭帯が緩み骨盤が開くのですが、その期間に上記の横座りや反り腰などの不良姿勢を続けてしまったり正しい位置に戻してあげないとゆがみが戻らず様々な不調の原因になります。

産後に骨盤の歪みを放っておくとどんな症状が現れるのか

骨盤は体の土台なので、産後の骨盤のゆがみを放っておくと、身体のゆがみや傾きを修正するために筋肉の張りや緊張が起こり、痛みや違和感を引き起こします。
また、骨盤がゆがむことで身体全体のバランスが悪くなるため、肩こりや腰痛、ひざ痛や股関節痛、左右の足の長さの違いや、末端の冷え性やむくみ、尿漏れ、便秘、生理不順などの原因となります。女性の場合は骨盤の中に子宮や卵巣があるため、骨盤がゆがむとそこを通っている神経や血管が圧迫を受け、栄養や脳からの指令が行き届かなくなり、生理痛や不妊症、冷え性の原因となります。

当院の産後骨盤矯正施術とは

当院の産後骨盤矯正は骨盤の左右のずれや傾きを確認したうえで施術を行います。骨盤の状態は患者様によって異なるため、一人一人のゆがみのタイプに合わせた施術を行います。
矢部北口接骨院の産後骨盤矯正では、骨盤のゆがみに対しての施術はもちろん、膝関節、足関節、肩関節、腰椎、胸椎、頚椎など様々な関節のゆがみに対して施術を行うので非常に効果の高い施術です。様々なゆがみを整えることで、筋肉や関節の負担が減り、骨盤が安定することで内臓も正しい位置に戻るので疲れにくい身体にできるということもメリットの一つです。

産後骨盤矯正をうけるとどうなるのか

骨盤が正しい位置に戻ることで、骨盤がずれていたことでおきていた痛みが改善したり、骨盤が正常な可動範囲で動けることで姿勢がよくなり、骨盤周りの筋肉の欠航がよくなるため、基礎代謝が上がり痩せやすい体になります。
そのほかにも血流やリンパの流れがよくなることで肌は明るくなり、状態がよくなります。骨盤が整うことで内臓も正常な位置で機能できるので、疲れにくくなるなどのメリットもあります。産後はホルモンの影響で良くも悪くも身体を変化させやすい時期なので、この時期を上手に利用することで産前よりも健康に美しくなることもできるのです。

改善するために必要な施術頻度は

身体のゆがみは、良くも悪くも癖づいてしまうものなので、いい状態を維持するための理想の通院頻度は週に2回から3回ほどの施術が一番効果的です。
また、ゆがみを整えるためには産後で弱った筋肉を鍛えることも非常に効果的なので、患者様自身でできるトレーニングなどもお伝えできるので合わせて行っていただくことでより大きな改善効果が期待できます。